ほとんどの方は、借金する必要ができたときに銀行や信用金庫にカードローンの利用を初めて申し込みされると思います。そして、最短では申し込んだ当日に審査を通過して、お金を借りることができます。また、審査期間が長引いたとしても借金の申し込みをしてから1週間後には審査を通過してローン専用のカードを自宅に送付してもらい、コンビニのATMでお金を借りることができると思います。

しかし、お金を借りる必要がなくても、あらかじめ多くの金融機関でカードローンの口座を開設しておくことをお勧めしたいと思います。とくにサラリーマンや個人事業主として3年程度続けて、継続的に安定収入がある方は、お金を借りる必要がなくてもカードローンの利用を申し込んでおき、できるだけ多くの金融機関でカードローンの口座を開設しておくことをお勧めします。

理由は、日本経済が不景気になれば失業してしまい収入が途絶えて、資金繰りが難しくなり生活資金に困る可能性が出てくるためです。しかし、失業してから金融機関にカードローンの利用を申し込んでも、審査をとおる可能性は0%といっても良いと思います。

そのため安定的かつ継続的に収入を得ているときに、カードローンの口座を開設しておくことが、自分の生活を危機から守ることにつながるのです。次の就職先が見つかるまでの間、複数のカードローンを借りることによって、とりあえず自転車操業で生きていくことが可能となります。